【まとめ】解説!看板設置にかかる費用

最近、近所にたくさんカフェができています。
古民家カフェだったり、倉庫型カフェだったり見ていて楽しいです^^

さて、お店を出すとなれば看板が必要ですよね。
看板と一口に言ってもさまざまなものがあります。

カッティングシートで窓ガラスに表示するものや、建物の外壁上部にガッチリ止めてしまうもの、キャスター付きで移動可能なものなど。

そして、気になるのはそのお値段
開店準備はとにかくお金がかかるものです。
看板は決して安いものではありません。
しかし!手を抜いていいところでもありません。

そもそも看板の目的は認知の向上と印象付けが多くを占めます。
入店してしまえばあなたの技術と人柄で最高のサービスを提供できるのでしょうが、入店してもらうまでが難しいですね。

存在を認知してもらはないことには話になりません。
ネット集客が主流なお店にも最低限の看板がないと入りにくいお店になってしまいかねません

今回は超!大まかな相場と共にご紹介していきます。
参考にしながら、24時間稼働してくれる広告塔をぜひ作ってください!

記載の値段は決して全国の看板屋さんにアンケートしたわけではありません。
あくまでDOORS調べです。

作業費は別途かかる場合がほとんどです。看板は見積りに差が出やすいので3社は見積りをとりましょう。

List

ウィンドウサイン

営業時間や電話番号・サービスの内容などを表示する場合が多いです。
ショップカラーを全面に出しやすく、シンプルやデザイン性の高いものになどお店の雰囲気も出しやすいです。

カッティングシートを使う場合が多いので、現状復帰もしやすく、変更も簡単にできるので値段など載せてしまうのもありですね。

耐用年数:日光や雨風のあたり具合で大きく変化しますが5〜6年で張り替えていれば綺麗な状態を維持できます。

費用:表示面積✖️¥10,000〜¥16,000

安いシートはすぐシワになるのであまりに安い見積りには要注意!

ファサードサイン

カルプ文字
アルミ複合板

入り口上部を指します。

目線より上なので細かい情報は入れずに、お店のロゴと屋号、幅広の場合は電話番号など大きい文字で少ない情報が目立ちます。

耐用年数:使用する材料で大きく変わります。ステンレス製のもので10〜20年は持ちますが、蛍光灯を使用している場合は球変えは必要。
アルミ複合板の場合は5年〜10年

費用:ステンレス製→表示面積✖️¥80,000〜¥150,000
アルミ複合板→表示面積✖️¥8,000〜¥12,000

電飾看板

蛍光灯を使う場合もありますが、最近はLEDが多いです。

こちらも目線より上の場合が多いのでたくさんの情報は入れません。
夜間でも目立つので営業が夜まであるお店には大事!ただ、費用がかかるので光らない看板+スポットライトという組み合わせもあります。

また、タイマーとデイライトを組み合わせれば、17時以降あたりが暗くなったら電気を自動でつける。という使い方もできますよ!

どちらも電気工事が必要になるので屋外に防水コンセントがない方は、電気屋さんにも見積りを取る必要があります。

耐用年数:ステンレス製のもので10〜20年は持ちますが、蛍光灯を使用している場合は球変えは必要。LEDの場合は球変えほぼ不要。

費用:ステンレス製→表示面積✖️¥80,000〜¥150,000

立て看板

よくお店の前に置いてあるメニューなど記載しているものです。
キャスター付きや折りたたみ式、手書きやカッティングシート表示などさまざまです。
また、コンセントで光らせるものもあるので夜間の認知向上にも役立ちますね。

インターネット通販でも多くの立看板が販売されています。手頃なサイズのものが必要ならインターネットで買って、表示するカッティングシートだけ作ってもらうと費用を抑えられます。

費用:内照式のしっかりしたものが必要なら看板屋さんに頼みましょう。
サイズによりますが概ね¥20,000~¥50,000

突き出し看板

これは柱についていますが、同じものをビルの壁に対して直角につけます。
高さや大きさは様々です。丸型もあります。

商品本体だけでなく工事費用も高くなりがちです。場所によっては作業車を停めるために道路使用申請という書類を管轄の警察に届け出る必要があります。

費用:作業費別で¥80,000~¥200,000

アクリル

https://www.e-netsign.jp/fs/netminami1149/heya-80×200

アクリルは加工性が高く文字の形に切り抜くことも可能です。
飾りビスなどを使って装飾すると入り口横でもオシャレに使えます。

費用:面積✖️¥2,000~¥40,000


いかがでしたか?

値段は様々ですがご自分のお店に合うものを見つけてくださいね!


豊中市・吹田市・箕面市・池田市・豊能郡・尼崎市・大阪市で看板・印刷物・ホームページの発注先にお悩みの方!
広報デザインDOORSでは全てを依頼できます!
多数の会社と打ち合わせで時間をとられることもなく、地域密着で安心!

名刺一つ、カッティングシート一枚からご相談ください!

PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
LINE登録
クリックで友達登録
Keiko Hasegawa
広報デザインDOORS 代表
二級建築士・屋外広告士・建築CAD技術者一級・福祉住環境コーディネーター

建築専門学校卒業後、看板・店舗設計の工務店にてデザインと施工に携わる。
独立後はWebページの制作を始め、紙媒体の印刷デザイン・看板工事まで行いスタートアップから丸っとお手伝いします!

”誰でも扱いやすく分かりやすい”をモットーに常にWIN -WINの関係を目指し設計しています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
List
閉じる